最小化 最新のチャータ発動

Charter activations

19 9月 2017

プエルトリコとバージン諸島のハリケーン マリア

Browse activations on map
事象種類:海洋ストーム ハリケーン
事象地域:プエルトリコとバージン諸島
チャータ発動日:2017年9月19日
Time of Charter Activation:06:36
Time zone of Charter Activation:UTC+02:00
チャータ要請者:連邦危機管理省に代わってUSGS
Activation ID:554
プロジェクト管理:パーデュー大学

カテゴリー5に分類されたハリケーン・マリアはプエルトリコとバージニア諸島を9月21日に通過しました。

プエルトリコでは15名が死亡し、島全土で停電が発生しました。
過去百年に経験したことの無い、最も壊滅的な嵐である、と言われております。
ハリケーン・マリアはドミニカに壊滅的な被害を与えた後に、だいたいカテゴリー4まで弱まったとされておりますが、勢力を取り戻しております。
 
プエルトリコの12,000以上の人々が事前に500に及ぶ避難施設へ退避しておりました。いくつかの箇所では0.5メートルほどの洪水が広がっていました。
ハリケーン・マリアの暴風や洪水により発生した氾濫により、多くの家屋、特に木造の家屋は崩壊しました。
送電網が被害を受けたので島の電力が復旧するまで数か月要すると考えられてます。
洪水による困難な状況、通信ネットワークの障害、救援活動、そして被害評価の難しさがこのハリケーンにより生じました。
 
海岸にある特に甚大な影響を受けたサンフアンでは80%の家屋が何らかの被害を受けたと見積もられております。
島には周辺カリブ諸島から来たプエルトリコを直撃しなかったハリケーン・イルマの避難民がまだ住んでおります。
アメリカ領ヴァージン諸島では嵐が最接近した際に1名が死亡し、セント・クロイ島が特に被害を受けました。
 

 

 

Products

Back to the full activation archive